読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富山県出身首都圏若者ネットワークacoico

What`s acoico? 富山県出身首都圏若者ネットワークacoicoは、 同郷富山の仲間とゆる~くつながるコミュニティです。 20代30代が中心となり、イベントの企画、ブログ運営など 普段より楽しく仲良く、東京をメインに活動しております。 多くの皆様のご支援ご協力を賜り元気に運営しております。

acoico・富山帰省通信!

みなさまこんにちは!acoicoスタッフのMoriP(高岡市出身)です!
本年もacoicoをどうぞよろしくお願いします~

さてさて、年末年始、富山に帰省された方も多いんじゃないでしょうか?
私も実家に帰って、初詣、親戚周り、同窓会に参加など、ドタバタな毎日でした!

そこで、「せっかく東京から富山に帰ったんだから、富山のことを改めてもっと勉強しよう!」
そんな思いで、まずは私の地元・高岡市の中心商店街をふらっと回ってみました♪

高岡市の中心商店街。末広町通り(すえひろーど)、高ノ宮通り、御旅屋通り、駅地下…
シャッター通りと化しているところも少なくないですが、それでも高岡の地を何とか盛り上げようと
奮闘している3箇所のお店・ギャラリーをご紹介したいと思います。

(1) D-front
http://www.d-front.jp/




御旅屋通りのちょうど真ん中、大和セリオの向かいに位置してます。
「高岡地域地場産業センター・御旅屋店」という堅苦しい肩書がついてますが(笑)、
高岡出身/在住の作家さんや、高岡で毎年開催されている
「クラフトコンペ」で入賞された作家さんの作品など、
高岡にゆかりのある作家さんの作品が所狭しと展示・販売されてます。



(ちなみに…クラフトコンペとは、「工芸都市高岡クラフトコンペティション」。
 日本3大コンペの1つに数えられ、全国から注目を浴びています。)
 http://www.ccis-toyama.or.jp/takaoka/craft/









中でも一番ビックリしたのは…この上に乗ってるクマさん、なんと高岡漆器
うるしで塗られていて…なんと価格が10万円という、なんという贅沢さ!!
お金持ちのあなた、ぜひ買ってみては?(笑)



ちなみに…D-frontのスタッフの方にお聞きしたところ(なんと、私と苗字が同じという偶然!笑)
"D"の意味は、"Design"(デザイン)のD, "Debue"(デビュー)のD, "TraDition"(伝統)のD、
"Discover"のD、そして、"Daiwa"(大和)のD(確かに大和の目の前ですしね・笑)。
その"front"(最前線)に位置するから、"D-front"。うーん、なかなか深いっ。

(2) 駅地下芸文ギャラリー
http://geibungallery.jp/



駅地下の一角にある、異質なスペース。
こちらは、富山大学芸術文化学部(芸文)の学生や教員、また様々なアーティストの方の
作品の展示を行うことで、新たな表現に挑戦しているスペースです。

私がおじゃましたときは、ちょうど年始から開催の「作家のひきだし展」の準備中ということで、
ちょこっとだけ見せていただきました。(詳細は最後でお知らせしますね!)
作家さんの紹介とともに、1つ1つの作品にただただ見入ってしまいました。










ちなみに、スタッフの方にいろいろとお話を伺ってると…
高岡には伝統産業に根差した地であり、人間国宝の方もいらっしゃる。
(例えば…「鋳金」の人間国宝の、大澤光民さん。)
http://www.city.takaoka.toyama.jp/sangyo/0402/kankou/craft/craft03.html

そして、そして、高岡の工芸の魅力に惹かれて、遠い地からフラっとと高岡に来て、住んでしまったという人もいるとか。
ものづくりの地・高岡の人・街の魅力が、こうして新たに人を呼び寄せてるんですね。

(3) たかおか屋
http://www.takaokaya.jp/



末広町交差点の一角に位置する「たかおか屋」さんは、高岡の中心に位置するお土産屋さんですが、
観ているだけでワクワクするぐらいに、地元密着の様々なものを取り扱ってます。

まずは、キャラクターグッズから。

利長くんグッズが勢揃い!



利長くん、家持くんに加えて新たなゆるキャラ、「うこんたん」(高山右近)や「かたかごちゃん」もいるなんて!



利長くんドラえもんまであるんですね~(ちなみに、2000個限定!)



ドラえもんグッズも取り揃えてあります。
ドラえもんの手ぬぐい、小風呂敷。職人さんによる手作りだそうです。



高岡大仏グッズもありまっせー♪



大仏あめ。なめてるとご利益あるのかな?(笑)



そして、ほかにも高岡ゆかりの商品が。

高岡くによしリンゴジュース。



万葉線アイトラムの模型。てっちゃんにはたまりません(笑)



高岡の伝統工芸の粋を集めた、「まわりん」。
くるっと回すと、動きとともに「りん」と優しい音を奏でます♪
まわし方によって音色が変わりますし、この響きがなんとも言えません。




高岡観光ネクタイもそろってるんですが、中でも気になったのが「高岡コロッケネクタイ」。



「コロッケ」の文字が書かれてて…一番下に「コロッケの絵」がワンポイント!!
面白くて、思わず買ってしまいました♪




ほかにも、それぞれの場所でいろいろなことをお聞きしたんですが…長くなっちゃうんでこの辺で(汗)


3箇所とも共通するのは、ものづくりの街・高岡を盛り上げようと、
高岡の中心地で頑張っていること。
全国のクラフト工芸品が、ここ高岡に集結していることに感動しました。
高岡出身でありながら、こんな世界があるとは全く知りませんでした。

「実は、富山には日本全国に、そして世界に誇れるものがいっぱいあるんだよ!」
高岡で頑張っている方々にお会いし、作家さんの作品を多く見ていて、
そう私たちに訴えかけている気がしました。

P.S.

ちなみに、高岡では現在、「クラフトウィーク」の真っ只中です!(~1/16まで)
http://www.takaoka-st.jp/

高岡大和で「クラフトコンペ」の入賞作品が展示されているほか、
上でご紹介した芸文ギャラリーでも、金屋町の金属工芸工房「かんか」と共同で
「作家のひきだし展」が開かれていて、入賞された作家さんの様々な作品が展示されています。
http://geibungallery.jp/hotnews.html#sakkanohikidashi

また、D-frontでも-クラフトで過ごす-冬の暮らし展を開催中!(3/6まで)
http://www.d-front.jp/home.html

来週末は中心商店街で「日本海高岡なべ祭り」が開催されますし、にぎやかになりそうですね!
年末年始から間もないですが、ぜひ富山に、そして、高岡に足を運んでみてはいかがですか??